です。

インフルエンサー・エージェンシー:マーケティング&レコメンデーション

インフルエンサー・マーケティング・エージェンシー – インフルエンサーという言葉は、マーケティングの現代的な発明ではなく、「リファラル・マーケティング」とも呼ばれる千年前から通用するビジネスモデルです。推薦とは、(影響力のある)人々が肯定的な意見を形成することで、他の人々に影響を与えることを意味します。推薦を受けた人は、一度購入の意志を示すと、たいていそれに固執します。また、ブランドを代表してお客さまに接する「アンバサダー」という言葉でも知られています。

トップイベント:24時間で620万人のコンタクト(ユニーク)を獲得ベストプラクティス(下)では、これまでで最大のインフルエンサーイベントである、初の「スポーツインフルエンサーアワード」の様子をご覧いただけます。6,000,000人以上の有効なリーチを持つ。ゼネラリ(保険会社)、アンジェリーク・ケルバー(テニス世界チャンピオン)、パメラ・リーフ(トップインフルエンサー)などの協力を得ました。コンサルティング、アイデア、実装、制作私たちは、インフルエンサー・マーケティングのすべてのステップであなたを支援します。

Stephan M. Czaja, オーナー兼創設者

インフルエンサー・エージェンシーは、実際にどのような仕事をしているのでしょうか?

インフルエンサー・エージェンシーの仕事は、主に若いブロガーの才能を宣伝し、彼らを適切なクライアントと引き合わせることです。すべてのブロガーにとって、Instagram、YouTube、Facebookなどの自分のチャンネルの信憑性は特に重要です。だからこそ、それぞれのインフルエンサーに適したプロジェクトやクライアントを選択することは、ドイツや世界のエージェンシーやマネジメントの絶対的なメインタスクのひとつなのです。逆に言えば、お客様のニーズや要望を、最適なブロガーと組み合わせなければならないということです。この仲介業務と、アーティストのマネジメントや広告・マーケティングの側面を組み合わせることで、優れたインフルエンサーエージェンシーとなるのです。特に、若い才能のプロモーションには、代理店が多くの時間を費やしています。まず、チャンネルを開発すること、そしてそのチャンネルを支えるパーソナリティを開発することです。ブロガーの仕事は、ソーシャルメディアからライブイベントへと進化していくことが多くなります。

  1. 構築・開発の長期サポート
  2. 顧客管理、契約交渉
  3. オーセンティック・スポンサーシップの考え方
  4. 人格形成

バーチャル&デジタルインフルエンサー – ニューハイプ

今やバーチャルモデルは、『Vogue』『Harpers Bazaar』『Elle』『Vanityfair』などの主要雑誌の表紙を飾っています。彼らはマーケティングキャンペーンの新しい顔であり、ソーシャルメディアで多くの賞賛と注目を集めています。驚くほどリアルなモデルが生成されるだけでなく、モデルはシームレスに変形し、まったく新しい衣装、ポーズ、顔を見せることができます。それぞれのモデルのルックは完全にユニークで、ゼロから生成されるため、モデルは業界に合わせて調整され、それぞれのクライアントのニーズを満たすことができます。この技術は、ファッションブランドがインフルエンサー・マーケティングにおける時間とコストの削減策として活用できる可能性があります。その可能性は無限大です。

  • バーチャル&デジタルインフルエンサー