バーチャルリアリティ×広告:VRプロジェクト、アバター、ベストプラクティス(世界第1位

バーチャル/デジタルインフルエンサーについては、すでに何度か記事にしていますが、今度は広告からの新しい例です。現在、アメリカ、ヨーロッパ、日本の3つのチームがデジタルアバターの開発に取り組んでいます。今回、欧州チームの最初の3つのプロジェクトが発表されました。1回のオンラインキャンペーン、1回のファッションショー、1回の不動産プレゼンテーション。それを報告しなければなりませんでした。VRの世界での成功事例/広告

広告におけるVRのエキサイティングな時代

ワールドプレミアに次ぐワールドプレミア……日を追うごとに、バーチャルな世界が私たちにとって現実味を帯びてきます。

デジタルアバターへの批判:「人の仕事を奪う」。

もちろん、バーチャルな人間は現実の人間の隣には存在できないという批判もあります。しかし、新しい技術の始まりには、常に批判がつきものです。ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)は、インターネットに未来はないと言った。実はこの巨大企業、インターネットを信じていなかったのです。イノベーションとはそういうものだと思います。

新しいアイデアやプロジェクト、イノベーションを信じるファーストムーバーもいれば、未来を先に体験しなければならない人もいます。

記載されているように、VRの話題を批判的に見ている人も多い。過去にはビデオゲーム、現在は「バーチャルネットワーク」(ソーシャルネットワーク、例:Facebookのデータスキャンダル)、そして数年後には、批判的な目で見られるバーチャルなアバターや人物が登場するかもしれません。

2019年以降のベスト・プラクティス:リル・ミケラ(米国・ロサンゼルス

2年も経たないうちに、初めてのデジタルアバターがロサンゼルスで誕生しました。一方、何百万人もの若者がInstagramで彼女(Lil’ Miquela)をフォローしています。彼女のフォロワーである彼らは、Miquelaをバーチャルな人物としてではなく、自分たちの生活の一部として認識しています。

日本とヨーロッパからの新しい競争

現在、バーチャル・アバターの分野では、ヨーロッパと日本の2つのチームが活動しています。

特に注目すべきは、2021年から活動している欧州プロジェクトです。すでにいくつかのキャンペーンが行われていますが、特徴的なのは、このVRチームがブランドのためにバーチャルアバターを開発していることです。

というわけで、今日はヨーロッパから来た2人のバーチャルアバター、ゾーイとエラの「Closer Look」をご紹介します。Tip!このようなデジタルインフルエンサーはあまり多くありませんが、ここでは読みやすいようにまとめてみました。Digital Avatars.

例広告キャンペーン、ファッションショー、VRプレゼンテーション

ここでは、バーチャルリアリティが広告にどのように反映されるかを、ヨーロッパの最初の事例やベストプラクティスのキャンペーンで紹介したいと思います。

バッファロー:Ella Stollerとのダイバーシティキャンペーン-世界初演

VR in Fashion – 3月にリリースされた2021年のナンバー3となる最新キャンペーン。バッファロー・シューズは、ヨーロッパに存在する最も有名な靴メーカーおよび靴販売店のひとつです。このブランドはすべての国で知られており、ドイツとロンドンに本社を置いています。

もちろん、マーケットリーダーとして、常にトレンドセッターでなければなりません。このようにして、ダイバーシティをテーマにした世界初のキャンペーンが、バーチャルモデルを使って行われたのです。キャンペーンに登場するモデルはElla(Cocaine Models)という名前です。この後、全く新しいプロジェクトで彼女を見ることができます。というのも、開発部は彼女がダンスやその他のことだけでなく、話すこともできるところまで到達したからです。一歩一歩、バーチャルヒューマンへ。

出典はこちら。Youtube / バッファロー

何が人を動かすのか?最終的には、常に素晴らしいストーリーが必要です。シーズンごとにリメイクされる名作シリーズがあるように、現実には存在しないが誰もが知っているハリウッドの映画キャラクターがいるように。

全く新しい物語がここから始まります。

MarcCain: Zoe Dvirとのファッションショー(VR) – 世界初公開

プレゼンテーションでのVR – 「バーチャル・ファッションショー」という言葉をよく耳にしますが、バーチャルとは、ファッションショーがライブではなくストリーミングで行われることを意味していました。

2021年1月から、世界はまったく新しい場所になります。ベルリンでの世界初公開、新しいレベルがここから始まります。4人のバーチャルモデル、8人のリアルモデル、そして1つのショー。初めて両方の世界が一緒になりました。どんなに美しい?

出典はこちら。Youtube / MarcCain

不動産エージェント:Ella Stoller – ワールド・プレミア

不動産におけるVR – エラは、仮想人物として様々なスキルを持っており、それが徐々に拡大(開発)されていく。大きな一歩は、単純に言えば「話せる」ということでした最終的にはすべてがプログラム化され、最終的には巨大な「アプリ」になるという、非常にシンプルなものです。教えれば教えるほど良くなります。開発者は、アバターそのものだけでなく、照明や衣服など、あらゆるパラメータを設定することができます。

これは新しいレベルで、もはやファッションだけではなく、価値の高い不動産のことです。そのため、プレゼンテーションは非常に高級で質の高いものでなければなりません。ブランド、不動産ポータル、そして個々の物件をバーチャルな人間がプレゼンテーションするというのは、プレゼンテーションに関しては実に新しいステップです。未来はどこへ向かうのか?見本市、ファッション誌のインタビュー?

夕方に撮影したビデオのスクリーンショットですが、オンラインになったばかりの最初のパルスをご覧いただけます。

バーチャル・インフルエンサー:マーケティングとストラテジー

バーチャルインフルエンサー、デジタルアバターなど、この新しいカテゴリーの「人」をどのように呼ぼうとも、彼らは広告やマーケティングに永続的な足跡を残すでしょう。ロサンゼルスでのプロジェクトのようなベストプラクティスは、何百万人もの人々がバーチャルな人物に興味を持ち、日々のニュースを得るために積極的にフォローするほどになることを示しています。

バーチャルインフルエンサーの世界は、投資コストが非常に高いため、小さなものになっています。コードを書いたり、デザインを最適化したりと、チーム全体で取り組んでいます。しかし、それを信じている人も少なからずいるのです最初の、バーチャルピープル、アバター、モデル、インフルエンサー…はこちらでチェックしてください。世界で

出典:Zoe / Cocaine Models