応答率:定義、ソーシャルメディア、計算

レスポンスレートは、特定のキャンペーンに対する反応率を示す。いくつかのキャンペーンとの比較により、そこからどのような成功要因を導き出すことができるかを示しています。回答率には様々な理由がありますが、簡単な例としては、1,000社に送ったマーケティング・アンケートがあります。400枚のアンケートが返ってきた場合、その割合は約40%です。ソーシャルメディアキャンペーンにパッケージ化されたこれは、メディアの予算や広告を通じて1万人に再生されるアンケートのようなものです。4種類のグラフィックを組み合わせてテストし、それぞれ1万人にリーチします。テスト終了時には、4つの個別キャンペーンのうち、どのキャンペーンが最も高いレスポンス率を示し、最大の付加価値をもたらしたかが判断されます。

です。

回答率の算出

回答率の算出には、多くの数字は必要ありません。当社のマーケティング調査の例では、これはアンケートの送付数と回答数になります。

  • ( 受信 / 送信 ) * 100 = 応答率

クリック率、レスポンス率、インタラクション率のモニタリング

ソーシャルメディアのブログでは、重要なキーパーソンについてはすでに紹介しています。報告とモニタリングでは、様々なキーパーソンが成功の評価と評価のために決定的な役割を果たします。

レスポンスレートに関連して、クリックレートはソーシャルプラットフォームでの成功の指標に過ぎません。しかし、最終的には、常に変換のためのものであり、それは目的の達成を意味しています。もちろん、目的は非常に多岐にわたります。ニュースレターの登録、例を挙げると市場調査への回答、あるいはオンラインショップでの販売などです。レスポンスレートは、これらクリックの裏側にあるすべてのアクションに使われます。

では、回答率はどのくらいだったのでしょうか?もちろん、インタラクション率は、最初はレスポンス率と混同されがちです。結局のところ、どちらの要素もユーザーの行動に関わることです。しかし、微妙な違いがあります。インタラクション・レートとは、目的を定めずに自主的に行動することを指します。例えば、私たちのYouTubeチャンネルで2年前から公開しているビデオに対するコメントです。その代わり、レスポンスレートは、正確な目標を求めます。今回の例のように、アンケートの回答数は?これらは、ソーシャルメディア・マーケティングにおいて最も重要なキーパーソンである3人の、小さいながらも微妙な違いです。

+ AD: Do you know?