です。

.

Tik Tok Agency – カラフルで、派手で、若い!

Tik Tokをご存知ですか?Tik Tokは、最新のソーシャルネットワークのひとつで、おそらくInstagramやFacebookの後継となるものです。Tik Tokがトレンドで、特に8歳から18歳までの若者が主にTikTokを利用しています。現在すでに、AndroidおよびiOS用のアプリは、30カ国以上のダウンロードチャートで1位を獲得しています。ヨーロッパでも強力な投資が行われています。

TikTokはブランドとしての地位を確立しており、それに伴い他の分野のブランドとの関連性も高まっています。今日の若者は明日の富裕層のターゲットとなるからだ。このプラットフォームのターゲットは、とてもとても若い人たちです。しかし、年齢を重ねるごとに広告主としての関連性が高まっていくターゲット層です。そのため、次世代ネットワークのインフルエンサーへのコンタクトも手配しています。

コンサルティング、アイデア、実装、制作TikTokマーケティングのすべてのステップをサポートします。

メリットとデメリットユーザー、年齢、リーチ

Tik Tokは、多くのマーケティング会社や経営者にとって、いまだに閉ざされた存在です。ここでは、Tik Tokに広告を掲載することのメリットとデメリットについて、弊社代理店の見解をご紹介します。

メリット

企業のソーシャル・マーケティング・チャネルとしてのTikTokの利点。

  • 他のネットワークに比べて利用者が少ない(Instagram、Youtube、Facebookに比べて圧倒的に少ない
  • インフルエンサーは若く、それに伴い「凝ったライフスタイル」をしていない、アイデアは比較的安価で実現の難易度が低い
  • 広告がほぼ標準的なリーチとなっているFacebookなどとは異なり、発信者(インフルエンサー)が少ないため、投稿は高いオーガニックリーチを実現しています。
  • 5年前のInstagramのように現在成長中

デメリット

ソーシャルマーケティングチャネルとしてのTikTokのデメリット。

  • クリエイティブなコンテンツは、写真だけではなく、良いアイデアやバイラルなコンセプト、そして定期的な新しいコンテンツが必要です。
  • ターゲットグループのマーケティングは現在、最大で17/18歳まで有効であり、それ以上の年齢ではTikTokでのリーチはほとんどありません。
  • 30歳以上のターゲット層は現状ではほとんど存在しない
  • リンク不可、トラッキング
  • 現在は意味のないモニタリング

TikTokの代理店は何をしているのですか?